計算性を劇的に改善させるウェブ会議

日本は現在、空前の人不足になっています。
あらゆる現場で人材が足りず、企業はどこでも労働力の確保に苦心しています。

その一方で、日本の生産性は先進国の中でも最も低いという調査結果もあります。
人が足りないのに生産性が低いのでは、日本で生み出される富の総量はどんどん減っていくことになってしまいます。
求める人材を確保する事は一朝一夕にできることではありません。

そうなると残るは現在の人材での生産性向上となります。
日本のホワイトカラーの生産性が低い原因のひとつとしてやり玉に上がりやすいのが会議です。
例えば、会議はただの時間の浪費だとか、何かを決定するための儀式にしか過ぎない、という見方です。
しかし、本当の意味での会議には、人材間での情報交換やイノベーションのための発想が生み出される場という大切や役割があります。
会議の生産性を悪くしているのは、事前準備や移動などの会議外のコストが大きいのです。

これらの無駄なコストを劇的に削減出来るのがウェブ会議です。
ウェブ会議を用いれば、場所の確保の問題は消えてなくなります。
それぞれが自分のデスクで会議が出来るので、移動コストもゼロです。
メンバーに配布する資料をプリントするような手間もなく、ウェブ会議システムの連携機能でデータファイルをやり取りしたりオープンすれば、メンバーが一緒に資料を見ることが可能です。
更にウェブ会議ではお互いに顔を見ることが出来ます。
これこそ会議の重要なポイントであるコミュニケーションの促進という面を満たす機能です。
このようにウェブ会議は、これまでの会議の問題点を全て解決し、よい部分だけを最大限に伸ばすことが出来る最強のツールなのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です